MacBook Pro Retina 15インチのバッテリーを交換したい (1)

私のサブ機であるMacBook Pro Retina 15インチ (Mid 2012) のバッテリー交換についてのお話です。

MBPはもうすぐ5年落ちとは言え、

  • 2880 × 1600 px IPS液晶
  • Intel Core i7-3720QM 4コア8スレッドCPU
  • NVIDIA GeForce GT 650M (1GB VRAM)
  • 512GB SSD
  • 16GB DDR3L RAM
  • USB 3.0 × 2
  • Thunderbolt (Ver. 1) × 2
  • HDMI × 1
  • SDカードスロット

と、フルHD映像の編集では未だに第一線で活躍できるスペックを誇っており、約4年ぶりのフルモデルチェンジかつ初めてのRetinaモデルだったため、発売当時は衝撃を以って市場に迎え入れられた記憶があります。一方の現行モデルは、CPUやGPUのパワーや電力消費効率には目を見張るものがあるものの、RAMは未だ16GBが上限であり、また購入後の増設もできないため、買い替え時期が来ても購入を躊躇したまま今日に至ります。

しかし、私のマシンの性能低下、特にバッテリーの劣化は著しく、実働時間はWebブラウジングで約1時間+αであり、残り35%程で突然電源が落ちたり、「バッテリーの修理交換が必要です」というインジゲーターが表示されるようになりました。さすがに突然死されてしまうと、仕事に支障をきたしかねません。

かと言って、上記の通り買い換えるべきMBPも無いため、ひとまず1年程度の延命を図るべく、Apple Store心斎橋に持ち込んでバッテリーを交換してもらうことにしました。

おしゃれな建物にやってきました。ガラスの螺旋階段が特徴です。

空いているように見えますが、朝10時から椅子の一席も無いほど満員です。そんなこともあろうかとGenius Barを朝イチで予約してきましたが…(続く)

関連記事